職業安定法 改正のポイント

「求人等に関する情報の的確な表示の義務化」/令和4年10月1日施行・職業安定法改正のポイント①

求職者が安心して求職活動をできる環境の整備と、マッチング機能の質の向上を目的として、「求人等に関する情報の的確な表示の義務化」、「個人情報の取扱いに関するルールの整備」、「求人メディア等に関する届出制の創設」の改正が行われました。

今回は、「求人等に関する情報の的確な表示の義務化」と「個人情報の取扱いに関するルールの整備」の概要を掴んでおきましょう。

求人等に関する情報の的確な表示が義務付けられます

各事業者に対して、求人等に関する次に掲げる1.から5.の情報すべての的確な表示が義務付けられます。

  1. 求人情報
  2. 求職者情報
  3. 求人企業に関する情報
  4. 自社に関する情報
  5. 事業の実績に関する情報

求人企業の義務

虚偽の表示・誤解を生じさせる表示はしてはなりません。また、以下の措置を行うなど、求人情報を正確・最新の内容に保たなければなりません。

  • 募集を終了・内容変更したら、速やかに求人情報の提供を終了・内容を変更する。
  • 求人メディア等の募集情報等提供事業者を活用している場合は、募集の終了や内容変更を反映するよう依頼する。
  • いつの時点の求人情報かを明らかにする
  • 求人メディア等の募集情報等提供事業者から、求人情報の訂正・変更を依頼された場合には、速やかに対応する。

職業紹介事業者、募集情報等提供事業者の義務

虚偽の表示・誤解を生じさせる表示はしてはなりません。また、以下の求人情報・求職者情報を正確・最新の内容に保つ措置を講じなければなりません。

全ての事業者
  • 求人情報・求職者情報の提供中止や訂正を求められたら、遅滞なく対応する。
  • 求人情報・求職者情報が正確・最新の内容でないことを確認したら、遅滞なく情報提供依頼者に訂正があるかを確認するか、情報の提供を中止する。
職業紹介事業者
  • 求人者・求職者に定期的に求人情報・求職者情報が最新かどうか確認する。

または

  • 求人情報・求職者情報の時点を明らかにする。
依頼を受けて
情報を提供する
募集情報等提供事業者
  • 情報提供依頼者に、募集が終了した場合や求人情報・求職者情報の内容変更について速やかに通知するよう依頼する。

または

  • 求人情報・求職者情報の時点を明らかにする。
自ら収集した
情報を提供する
募集情報等提供事業者
  • 求人情報・求職者情報を定期的に収集・更新し、その頻度を明らかにする。

または

  • 求人情報・求職者情報の時点を明らかにする。

個人情報の取扱いに関するルールが新しくなります

求職者の個人情報を収集する際には、求職者等が一般的かつ合理的に想定できる程度に具体的に、個人情報を収集・使用・保管する業務の目的を、ウェブサイトに掲載するなどして、明らかにしなくてはなりません。

×
  • 「募集情報等提供のために使用します」とのみ表示。
  • 「求人情報に関するメールマガジンを配信するために利用します」と表示。
  • 「会員登録時に入力いただいた情報を、当社の会員企業に提供します」と表示。

令和4年10月1日施行・職業安定法改正のポイント②に続きます。